買取り査定のポイント


カメラの買取サービスを利用するにあたり、査定に出す時のポイントについて説明します。カメラの買取査定を高くする為には、やはり見た目が汚いとマイナス査定ですので、査定前には必ず綺麗に掃除をしておきましょう。カメラ本体やレンズについたホコリやゴミを拭き取り、内部に至るまで、可能な限り細かい部分まで綺麗にしておくことが大切です。買った時の状態に近づけることで、査定額に大きく差が出ることがある為です。

また、買った時の付属品はまとめて取っておきましょう。保証書や説明書、カバーやキャップ、箱に至るまで、全て買った時のまま保存しておくことで、査定額がアップします。付属品は買取において、重要なポイントとなりますので、今行方がわからないという方は、すぐに探して揃えておくことをお勧めします。また、何年も使っていないカメラがある方は、ずっと取っておかず、不用と判断してまとめて査定に出すことをお勧めします。カメラは新しい程価値がありますので、使わないと判断した時点で他の不用なカメラと一緒に査定してもらうと良いでしょう。複数台査定してもらうことで、買取額がお得になることがあります。見積りだけでも良いので、一度見てもらうことをお勧めします。

 

買取りの注意点とは

不用とはいえ、未開封のままになっているカメラを買取サービスに出す場合は、開封せずにそのまま査定してもらいましょう。開封後のカメラよりも未開封の方が買取額が高く、保証書等にもきちんと店舗の名前が記載されているか等も確認をしておくようにしましょう。また、カメラ本体に傷がある場合は、査定額がぐんと低くなることがあります。まだ不用ではないカメラについても、将来的に買取サービスを利用することを想定して、丁寧に扱うように心がけましょう。また、買取サービス時に宅配買取を希望する場合には、トラブルを避ける為にも、丁寧に梱包する必要があります

買い取ってもらうかどうか悩んでいる方も、価格を見てから検討することもできますので、まずはネットや電話でおおよその見積り額を出してもらうと良いかもしれません。査定額に納得できない場合は他社に変えて依頼することもできますので、複数の業者で見積り依頼されることをお勧めします。わざわざ店頭に行かなくても査定してもらえる便利な環境が整っていますので、どうするか決め兼ねている方も、すぐに査定額の目安を教えてくれる買取サービス業者をリサーチし、利用されると良いでしょう。いろいろ比較して、できるだけ高く買い取ってもらえる業者選びをするようにしましょう。